×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




誕生日事典でのたてば



誕生日占いで占ったたてばの「性格」…とは?
結構あたってます。



【人間観察の達人】


5月2日生まれの人は、思春期から老年まで人生の成長段階のすべてに特別な関心をもっています。
人間にまつわることなら何でも臆することなく意見を述べ、しかもその意見は熟考を重ねたすえの結論なので、そう簡単に変わりません。
また、人にだまされることもないでしょう。
なぜなら、鋭い洞察力によって人間の心理や思考のプロセスを知りつくしているからです。

自分が属しているグループや家族を仕切るのが大好き。
とはいえ、仕事に関してはあまり協調性がなく、1人でする仕事を選びます。
交渉ごとはあまり得意ではありませんが、いいにくいことがいえる人なので頼りにされるでしょう。
また、ゴシップ好きで詮索したがりますが、好奇心にかられてのことで悪意はありません。
もちろん自分に関するゴシップにも敏感です。

1人でできるクリエーティブな仕事や商売、運送業や農業など、人間的な触れ合いが比較的少ない職業を選びますが、時間を見つけては人間観察をします。
想像力より分析力がまさっているため、主観よりも客観、直感よりも知性をよりどころにします。
いったん何かに目をとめると、まるで大好物の骨をしゃぶる犬のように気がすむまで放しません。

また、ことばはきつくなりがちで、機転もきかないため、人の反感を買わないよう気をつけましょう。
さもないと大勢の人を敵にまわして窮地に立たされるはめになりそうです。
駆け引きがへたなので、人の心理を読む力をもっと活用すべきです。
そうすれば、より大きな成功を手に入れるでしょう。

また、この日生まれの人は完璧主義者です。
現実的なプランを選び、最も効率的なやり方で実行に移す能力をもっています。
まとめあげる力があるので、1人でもたくさんの仕事をこなせます。
ときにはチーム全体でとりくむよりもずっと高い成果をあげることさえあります。
1人でいたいという欲求は私生活にも及ぶかもしれませんが、普通は仕事から疲れて帰ったときは家庭に安らぎを見いだすタイプが多いようです。
親になった場合は、干渉しすぎる癖が出ます。
子育てにまつわる固定概念を捨て、子供を所有物と考えないよう、気持を切り替えてください。

仕事のときと同じく、趣味の分野でも鋭い分析力を役立てます。
手先が器用なので、子供のおもちゃを作ったり、日曜大工をしたり、インテリアを考えたりするのが得意。
何をしても美しさを愛する心がはっきりあらわれます。



ナンバーと惑星


2日生まれの人は、ナンバー2と月に支配されています。
月の影響を受ける5月2日生まれの人は、ロマンチックで創造力豊かな性質をもっています。
(牡牛座を支配する金星によってこの点が強調されます)。
一方で、5月2日生まれの人は客観的な考え方をするため、ロマンチックな部分とのあいだに葛藤が生じます。
ナンバー2の人が第2子だった場合は、親に守られる一方で、放任もされます。
第1子ほど強い関心が向けられないかわり、兄や姉よりも大事にされないからです。
ナンバー2の人のパートナーとしての資質は、仕事よりも結婚に向いてます。



タロット


2日の大アルカナ・カードは女祭司。
王座につき、冷静でなにごとにも動じない姿が描かれています。
女祭司は秘められた力や謎を超自然的な能力で解きあかし、その知識をもって人間に力を授けます。
このカードがもつ良い面は、沈黙、直観、思慮分別。
悪い面はだれにもうちとけず、人を信頼しないこと。
また、あらゆることに無関心で、ものぐさな点です。



健康


完璧主義者なので無理をしがちです。
そのため自分だけでなく周囲の人たちにもストレスを与えてしまうので要注意。
頭痛やのどの痛み、不安にも気をつけること。
ガーデニングに精をだしたり、新鮮なフルーツや野菜や穀類を中心にした食事をとるといいでしょう。
運動は過激なものを避け、休みながら。
仕事のスケジュールが詰まっていると休暇はとりにくいものですが、できるかぎり休みましょう。
休暇をとれば、その間にエネルギーが補充されます。
精神的に安定しているかどうかが健康の鍵です。



アドバイス


機転をきかせ、駆け引きを覚えて、横柄な態度はやめること。
とくに子供にはやさしく接しましょう。
怒りっぽい性格を変えるには、いつもリラックスしてハッピーな気持でいることです。
自分の行動をふりかえり、必要なら自分を変えてください。



瞑想のことば


静寂を破るものを雑音と呼び、静寂を強めるものを音楽と呼ぶ。


長所


生産的・完全主義・観察力が鋭い

短所


人のじゃまをする・権威をふりかざしたがる・人をいらだたせる